はじめての借り入れ

今まで金融機関でお金を借りたことがない!これから初めての借り入れをするという方はわからないことがたくさんあるのではないでしょうか。どうやってお金を借りるところを選べばいいのか、また誰でも本当に借りることができるのか?借り入れに関する基礎知識や気になる点について見ていきましょう。

まずカードローンやキャッシングにおいてお金を借りるために必要なのは、安定した収入があることです。お金は借りるわけですから、当然のことながら借りたお金は返さなくてはなりません。貸す方もボランティアではありませんから、本人に安定した収入がありきちんと貸したお金を返してくれる方に対してお金を貸したいのです。

他に必要条件としては、年齢ですね。満20歳以上から上は各カードローン会社により違いますが65歳〜75歳などといった設定になっているところが多いです。保証会社の保証を受けられることや前年の年収が200万円以上などその他の細かな条件が提示されている場合もありますが、ほとんどのカードローンでは安定した収入と年齢が問われますからそれをクリアしていればまずOKでしょう。

ただし、この条件をクリアしているからといって全員がお金を借りられるわけではありません。カードローンやキャッシングなど融資を受けるためには必ず審査に通らなければならないからです。

審査ではどんなことをみられるのかというと、申込書に記載した本人の年齢や職業、勤続年数や住居形態などといったさまざまな個人情報からお金をきちんと返してくれるのかどうかとどのくらいまでならこの人に貸してもいいのかといったことを判断していきます。何がOKで何がNGといった審査基準は各社公表していませんが、基本的には同じような項目をみられると考えておいていいでしょう。

審査があるなんて、自分は借りたこともないし落ちてしまうんでは…と不安になるかもしれませんが、基本的にはじめてカードローンを利用するという方の場合、安定した一定の収入があってちゃんと職業に就き、かつ年齢条件がクリアしていれば、よほど審査の厳しいカードローンでない限り審査に通る可能性は高いと考えておいていいでしょう。

借り入れ前の注意点は?

これからはじめてカードローンで借り入れをする、という場合、まずどのカードローンにするかを選ぶこととなると思いますが、いきなりどれにしようかなと選んでも失敗してしまうこともあるかもしれません。カードローン選びをはじめる前にまず、いくつか注意しておくポイントがあります。

まずは金利です。金利は多くの方が、人気ランキングなどを参考にして金利が低いとされているところに決めるかと思いますが、その表示されている金利がそのままあなたの借り入れの金利になるわけではないということをご存じでしたでしょうか?表示されている表示金利と、自分が借りるときの適用金利は違いがあるのです。

例えば金利4.5%〜18.0%という消費者金融のカードローンがあったとします。金利が4.5%ということは、低金利だといわれている銀行カードローンも同じくらいの金利だし、と選んでしまいますと、実際に自分に適用される金利は18.0%だったりということがあります。

これは何も騙されたとかいうことではなく、カードローンの金利は○○%〜○○%のように金利帯で表されることが多いのですが、その金利帯の中のどの金利が適用されるかは借り入れ額であったり審査などで決まってきます。一般的に、50万円以下の小額の借り入れの場合には、表示されている最も高い上限金利が適用されるケースがほとんどとなります。

たいていのカードローンはどの借り入れ額ならどのくらいの適用金利になるのかを表などで公式サイトで確認することができます。ですからカードローンの比較サイトを見るだけでなく、自分が借りる額ならどの金利が適用になるのか?にしぼって検討すると、金利においては失敗はありません。

また初めて借りるのはやはり銀行カードローンや大手の消費者金融にしておいた方がいいでしょう。カードローンにあまり詳しくない状態ですと、違法な業者かどうかの判断もつきづらいことと思います。誰もが名前をしっているような大手を選んでおけばそうした心配もありませんし、また大手の方が金利は低いことが多いです。

また、基本的にはカードローン会社側も利用者のプライバシーを守ってくれますから、家族や職場に内緒でお金を借りることは十分可能となっています。しかし、返済が遅れてしまったときにはそうはいきません。1日遅れただけでもすぐに連絡がきますし、また携帯でつながらなければ自宅や職場に電話がかかってくることもあります。内緒で利用したいのであれば、ということもそうですが、そもそもは借りたお金ですからしっかりと遅れることなく返済することが大切です。

新着情報