小額の借り入れなら銀行も消費者金融も変わらない?

カードローンで借り入れをするなら、やはり低金利な銀行カードローンを利用したいと誰もが思いますよね。銀行カードローンでしたら総量規制も対象外ですから高額な融資も可能ですし、なんといっても安心感があります。しかし、実は小額の借り入れなのであれば、銀行カードローンでも消費者金融でもそんなに大きな違いはないんです。

小額の借り入れの場合には総量規制の定める年収の3分の1に収まる方がほとんどでしょうから、そうなりますと総量規制対象外の銀行カードローンでなくとも消費者金融で借り入れが充分可能ですし、また審査もずっと通りやすくなります。他社でも借り入れがあってより低金利な銀行カードローンを今のうちに契約したいなどというのであれば話は別ですが、そうでなければ消費者金融でもどちらでも変わらないです。

しかし金利はどうやっても銀行カードローンのほうが低金利なのでは?と思われるかもしれません。確かに、大手銀行カードローンの金利は上限金利が15%程度、対して消費者金融各社はのきなみ18%程度と3%ほどの開きがあります。高額の融資であったり長期の借り入れになる場合には、これは大きな違いです。

しかし小額の融資でつぎの給料日で返せる、また3ヶ月程度、次のボーナスあたりで返済の目処がついているなどというのであればどうでしょうか。10万円の借り入れを1ヶ月で返済した場合の両者の利息は1,233円と1,479円、246円の差です。これを3ヶ月で返済した場合の利息は3,699円と4,438円、739円の差になります。10万円以下など小額の借り入れの場合には、1,000円も差がないことがわかります。

融資を急いでいるのであれば、こんな小額の差であれば即日融資に強い消費者金融を利用した方がトクな気がしますよね。小銭分の値段で時間を買っていると考えれば、安いものです。またプロミスなど無利息サービス期間があるカードローンもありますから、この場合には低金利な銀行カードローンよりもプロミスを利用した方がオトクとなります。

高額になればなるほど、期間が長くなればなるほど少しの金利差で利息は大きく違ってきますからその場合には銀行カードローンのほうが確実にオトクですが、ちょっとしたお金を借りたい、給料日までの1週間数万円だけ借りたいなどというのであれば、どちらを利用しても大きな差は無いと言えるでしょう。

小額の借り入れなら銀行も消費者金融も変わらない?記事一覧

個人事業主の借り入れ

個人事業主の借り入れの場合、サラリーマンなど他の職業の方と違い審査に通るのが難しいというように言われています。個人事業主や自営者のカードローンにはどのような事情があるのでしょうか。基本的に、カードローンの審査で重要なのは返済能力、安定した一定の収入があるかどうか、という点です。個人事業主でもとても稼...

≫続きを読む

派遣社員・契約社員の借り入れ

職種はカードローンの審査の際に、収入などよりも大きく影響してくる項目だといいますが、契約社員や派遣社員の場合にはどのような影響があるのでしょうか。実は契約社員や派遣社員というのは正社員と同じ職場で働いていたとしても審査において正社員より属性が低いと判断されます。なぜこうしたことが起こるのでしょうか?...

≫続きを読む

パート・アルバイトの借り入れ

最近では、パートやアルバイトでも一定の収入があればカードローンが利用可能という業者はすごく増えてきています。確かにカードローン審査において収入の高さは重要な項目ではありますが、実は収入はそこまで影響が大きいわけではなく重要なのは「安定した」一定の収入があるのかどうか、つまりきちんとお金を貸しても返し...

≫続きを読む

学生の借り入れ

長い学生生活のなかでお金が足りなくなりピンチになることは誰にでも起こりうる事態です。制服がなくなり交友関係が広がることでファッションにも遊びにもなにかととにかく出費がかさむのが学生です。特に一人暮らしの場合になりますと親からの仕送りやアルバイト代で家賃や光熱費の工面と生活費、その上で交際費をまかなっ...

≫続きを読む

専業主婦の借り入れ

専業主婦の借り入れは、他の職種の方などとはまた大きく状況が違ってきます。どのように違ってくるのかと言うとまず法律が関わってくるのです。以前は専業主婦であっても、アコムやアイフルなど消費者金融で普通にお金を借りることができました。しかし、2010年に改正された貸金業法により、個人の借り入れ総額は年収の...

≫続きを読む

無職の方の借り入れ

無職になってしまいますと、就職活動をするにしても生活費にしてもとにかく出費ばかりになってしまいますからお金を借りたくなる場面も多々あるかと思います。無職の場合でも、カードローンなどでお金を借りることはできるのでしょうか?基本的に、カードローンでは安定した一定の収入があることが重要な利用条件となります...

≫続きを読む

低収入の方の借り入れ

収入が低い方の場合には、日々の生活でもお金がピンチになる回数が高いと思います。しかしいざというときのために貯蓄をしたくてもそこまでお金が回らない…そんなときに便利なのが、繰り返し利用できるカードローン、いざというときの備えとして持っておくと便利です。では、利用する前に低収入の方の借り入れにはどんな注...

≫続きを読む

自己破産した方の借り入れ

自己破産をした方の場合、一定期間は新規で借り入れをすることができなくなってしまいます。期間は5年から10年ほどの間で、その間は自己破産をしたという信用情報が個人信用情報機関に登録され続けますので、申込時に必ず信用情報を照会するカードローンは作れないのです。しかし、一生カードローンが作れないのか?とい...

≫続きを読む